株式会社 姫路農産流通センター

株式会社姫路農産流通センター|安全・安心・フレッシュな野菜を提供します

rss

トップページ»  会社概要

会社概要 Company profile

会社名 株式会社 姫路農産流通センター
代表者 代表取締役社長 鵜鷹 義光
代表者カナ ウタカ ヨシミツ
郵便番号 〒670-0972
住  所 兵庫県姫路市手柄30−1
業 種 国産農産物の卸売業
電話番号 079-292-1102
FAX番号 079-292-5014
URL http://www.himejinousan.co.jp
E-MAIL info@himejinousan.co.jp
会社概要 当社[(株)姫路農産流通センター]は、1974年に兵庫県姫路市にて創業し、現在まで国産農産物の流通会社として、全国の農産物産地と契約し、数多くの商品アイテムを保有しております。
経営理念 安全で良質で環境にやさしい製品を顧客に提供し、社会に貢献する。
コンプライアンス経営を持続する。
経営方針 当社の経営理念を全員参加のもとに実施し、達成することによって、事業の発展と社会への貢献を達成する。
設立年月日 1974年8月29日
資本金 32,500千円
従業員数 約130名
年商 約10,148百万円(2016年8月期決算)
取引先銀行 三菱東京UFJ、姫路信用金庫、伊予銀行、阿波銀行、中国銀行、百十四銀行、山陰合同銀行、兵庫県信連、播州信金、三井住友銀行、みなと銀行
主要仕入先 全国野菜産地、宮崎県経済連、鹿児島くみあい食品、坂田信夫商店、兵庫県経済連、岡野農園、アグリシステム、ヴェジファームセキ、砂川青果市場、マルミツ園芸
販売先 マックスバリュ西日本、イオンリテール、AFS(イオンフードサプライ)、エーコープ近畿、山陽マルナカ、マックスバリュ中部、新潟県総合生活協同組合、ダイエー、日生協、大阪丸促青果(株)
事業所 ■本社及び第1加工センター
〒670−0972 兵庫県姫路市手柄30−1
TEL:079−292−1102 FAX:079−292−5014

■関西商品開発事業所
〒651-0096 兵庫県神戸市中央区江戸町98-1 東町.江戸町ビル3-4
TEL:078−321−7273 FAX:078−321−7275

■東部支社
〒658-0023 兵庫県神戸市東灘区深江浜町1-1
              神戸市中央卸売市場東部市場内
TEL:078-453-7216 FAX:078-453-7217

■岡山支店
〒702-8051 岡山県岡山市南区築港元町13-5
            イオン岡山ロジスティクスセンター内

■第2加工センター(関連会社:(株)鵜鷹商店による運営)
〒671-0244 兵庫県姫路市四郷町見野西垣内672−1
TEL:079−253−7277 FAX:079−253−7278

■たつの工場
〒679-4027 兵庫県たつの市揖西町長尾300−2
TEL:0791−64−8878 FAX:0791−64−8881

 

会社沿革 Companyhistory

1974年 鵜鷹商店、三好屋青果の共同出資で姫路市飾磨39−1にて創業
資本金25,000千円
代表取締役に鵜鷹信一が就任
1976年 新社屋完成に伴い姫路市手柄30−1に移転
資本金32,500千円に増資
1992年 代表取締役会長に古西俊夫、代表取締役社長に鵜鷹義光の両名が就任
1993年 本社及び第1加工センター増設(敷地面積 約1080坪)
1994年 第2加工センター完成に伴い業務の一部を移転、稼動
2002年 関西商品開発事業所を設置
2004年 龍野工場完成、稼動(ゴボウの洗い・ささがき加工 他)
(次亜塩素酸ナトリウムを使用せず、イオン活性水のみ使用の衛生ライン工場)
2006年 総合管理マニュアル(当社呼称:姫路農産FSQECMS)の制定、運用開始
2015年 東部支社を設置(神戸市中央卸売市場東部市場内)
2016年 岡山支店、稼働(イオン岡山ロジスティクスセンター内)